What'sきずな音楽祭

山口きずな音楽祭

山口きずな音楽祭は、室町時代に開花した大内文化が今に息づく祭典です。
室町時代の山口は、大内氏による貿易や芸術振興で、朝鮮大陸や西洋の文化がいち早く流入し、憧れをいだいた雪舟や宗祗など文人墨客が多く訪れました。まさに、その時代のトップアーティストが、表現の聖地としてこの地に滞在しました。
また、大内氏は芸術家にアトリエを授け、表現活動をパトロネージュしたことで、今では国宝となる、すばらしい作品の数々が、この地で誕生しました。
今を生きる私たちは、この大内文化が花開いた源を「寛容な感性」として大切にし、500年後の今も、その大内文化のDNAを受け継ぎながら、このまちに生きる喜びを感受し、発信します。

大内文化のDNA
・ 異なる文化を積極的に受け入れる=様々なジャンルを受け入れる。
・ 音楽祭に出演希望の芸術家を受け入れる=表現の聖地としてもてなす。











  • クリスマス市 山口|日本のクリスマスは山口から 公式サイト
  • 亀渕友香&VOJA公式HP
  • 山口市観光情報サイト 西の京やまぐち
このページのトップへ